人気ブログランキング |

<   2017年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

ayk テコ入れ計画その2

地味に変更計画の第二弾はサーボセイバーです。

b0174260_19471362.jpg

以前、RX3000に良さそうだと思って購入しておいたヨコモ R12の
ステアリングクランク。
サーボセイバー機能は無いので、ホーンの代わりにサーボセイバーを
装着しなければなりません。それはいつものキンブローのになる事で
しょう。これでガタはかなり減る筈。しかし、ヨコモのセッティング回答
でも、このクランク部分の多少のガタは必要らしいです。
まあ、ベアリングが入る時点でガタ0には成り様がないですよね。


  by aykrc | 2017-02-28 19:52 | ayk | Comments(0)

勘どころ

プラズマ・フォーミュラは二度目なので、
回り道せずに要所は抑えられそうです。

b0174260_19122316.jpg

私にとって必須となるオプション。
-4mm 小径タイヤ対応サスアーム。
同アルミバルクヘッド。
ブラシモーター用モーターマウント。
これらは最初から組み込んでしまいます。



  by aykrc | 2017-02-27 19:15 | フォーミュラ | Comments(0)

RX3000 まずはカットから

aykテコ入れ計画として、手始めにシャーシのカットをしようと
思います。

b0174260_17415343.jpg

画像はRX3000のノーマルバンパーの先端を詰めた物。
大きすぎますね。
サーキットを走らせると痛感するのですが、
スポンジバンパーを装着出来ないWGTやトゥエルブはボディ保護の為に
大きなバンパーを装着してしまうと縁石に引っ掛けた際に凄い回転で
飛んでいくことになります。ボディが壊れるより被害甚大です。

RX3000には軽量キットがありまして、
それには小型のバンパーが含まれています。


b0174260_17480216.jpg

装着にはノーマルシャーシのカットが指示されています。
右のシャーシの先端を左の様に切ればOK。
カーボンでは無くFRPなので直ぐに切れます。
軽量化の為にリヤバンパーをオミットする場合はリヤもカット。
因みにブラックの方のシャーシは最初から軽量パーツが組み込まれたキット
の物で、外周のカットラインも微妙に違います。
この軽量シャーシキットは全日本選手権を制したのですが(チャンプ正美さんが
伝説のピットイン&12V充電を行った大会ですね)、もう色々な意味で1/12の
リジットシャーシは限界に来ていた様に思います。
この全日本に先駆けて行われた世界選手権ではサスペンションカーが上位を
占める結果となりました。
aykの3Pサスペンションカーが発売されるのは少し後になりますが、
その間は石原直樹氏(KO EX-1シリーズの生みの親)がR&Dイシハラ
というメーカーを立ち上げ、aykからパーツの供給を受けてロードランナー
シリーズを発売します。このモデルは私の高校時代の愛車でした。
そう言う訳で、RXシリーズのコンポーネンツは80年代初頭から中盤を
過ぎるまで、移り変わりの早かった時期において、実に長期に渡り
トップクラスの成績を獲得し続けた稀有なパーツだったと言えますでしょう。

  by aykrc | 2017-02-26 18:05 | ayk | Comments(0)

ポリカのFウイング

プラズマ・フォーミュラのフロントウイングはベース+ポリカ。
樹脂一体のバンパーを兼ねた物より空力的には効く(&軽量)だと
言われていますね。
但し、寿命が短い。本当に短いw
直ぐ壊れます。まあ、レース用ですね。
しかし、塗って直ぐにダメになってしまうのは悲しいので少し工夫。

b0174260_09191196.jpg

塗り終わったポリカウイング。

b0174260_09194172.jpg

ベース。

b0174260_09201219.jpg

ノーマルのビス穴モールドに穴を空けてしまうと大体この位置になります。
この隙間の分はポリカがもろに衝撃を受けますので



b0174260_09221800.jpg

空力は無視でベースをギリギリまで前に出します。
更に~


b0174260_09232228.jpg

ラップを使って

b0174260_09235783.jpg


ベースを包んでしまいます。


b0174260_09250229.jpg

ベースとウイングの間をシューグーで埋めてしまいます。
仮止めして乾いたらベースを外します。
ラップはシューグー側に残ってしまいますが、不要部分はカットしてしまえば
問題はないでしょう。
これで重くはなりますが寿命は延びると思います。









  by aykrc | 2017-02-26 09:29 | フォーミュラ | Comments(0)

なにかしましょうか

b0174260_08355948.jpg

ここのところ放置状態のayk。
一年に一箇所程度は手を入れる~をテーマにしているのですが、
中々腰が上がりませんね。
やりたいことはあるので、ちょっとずついじろうと思います。
しかし、現代的な速度では中々走らせることが出来ません。
リジットは難しいですね。
40度以上のFタイヤを使うだけでは全然ダメです。
NX101をパーツに戻したまま実家のどこかに保管してある筈なのですが、
もう5年以上見つかりませんw
201と初代ドッグファイターは出てきたんですけどねぇ。


b0174260_08513037.jpg




b0174260_08522294.jpg


小学3年の時に買ったタカトクのSS5000は外箱付きでまだあります。
しかし、両親も歳だしいつか(近い内に)その手の物は全て整理しないと
なりませんね。


  by aykrc | 2017-02-26 08:49 | ayk | Comments(0)

新車(でもない)購入

フォーミュラは現在ホームコースで大人気です。
日曜などはF-1しか走っていない日もある程。
私は現在、DD熱が冷めているので正直ツーリングのロースピードカテゴリー
が楽しいのですが、耐久レースなんかもあったりして、やっぱりフォーミュラ
も楽しんでいきたい。
で、熱が上がらない最大の原因はF104ベースの車体にあります。
とは言っても、全体が悪い訳ではなく、Tバー(イカバー)と6mmリヤ
アクスルがどうにも好きになれません。
かと言って、欲しい車種があるかと言えばモロテックの6輪以外は特に
食指を動かされる商品も個人的には無くて。
で、結局以前所有していたプラズマをまた購入してしまいました。
安くて丈夫(エンジンカーと共用のフロント周り等)で結構、痒いところに
手が届く設計のお買い得マシン。オワコン感があるのは仕方がないですがw
スクエアのインチデフアッセンブリー位の価格で買える(買えた)ので、
まあ、悪い言い方をすれば使い捨てでも損は無さそうです。

b0174260_05392764.jpg




  by aykrc | 2017-02-26 05:40 | フォーミュラ | Comments(0)

GTボディ完成

b0174260_22051022.jpg

ショボショボと作業をしてボディを作ります。
ボディ補強。
別に補強せずとも軽い方が良いのでしょうが、
レース資金が枯渇したプライベーターの体でワンシーンズン参戦したいので
年末までは使い続けたいのです。

前側はちょっと補強し過ぎました。


b0174260_22084656.jpg

後ろはフェンダーアーチの後部だけ。
ここが走行中震えると落ち着かないので。


b0174260_22100713.jpg


b0174260_22105075.jpg


かなり間延びしてますが、走らせる分にはこんなもんでしょうか。
これ以上、情報量が多いと目も疲れそうだし。
完成ということにしましょう。






  by aykrc | 2017-02-25 22:14 | ツーリング | Comments(0)

GT-R塗装完了

b0174260_13535917.jpg

GTクラス用のボディのカットとベース塗装が完了しました。
グリルとバンパーは塗り分けの指定でしたが、そのまま。。。。。
付属のウィングを使用しない時点でミラーも含めドレスアップは
諦めましたw
適度に誤魔化そうと思いますです。
まあ、無制限クラスではないので空力ボディでなければ良いのです。
自分的には。
因みにレギュレーションでも空力ボディがNGと言う訳ではありません。
個人的な拘りです。



b0174260_13593126.jpg

何れにしても、これ全部貼る気力はありません。
適当に端折りましょう。
うん、それが良い。


  by aykrc | 2017-02-22 14:00 | ツーリング | Comments(0)

定期的に

先月はA様の計らいでRC仲間によるRC以外の遊び。
通称「大人の遠足」が行われました。
こういう、利害関係のない人付き合いは時間を掛けて形成されるもので
お金を出しても買えないので貴重です。
その間に屋上でレースがありましたが、私は法事があって欠場。
その後、仕事が猛烈に忙しくなってしまい、RCどころではない一か月が
過ぎようとしています。
今日はなんとか午後から少しだけ時間が取れたので、
近所にあるおじいさんとおばあさんの経営する由緒正しいRC屋さんへ。
新しくGTクラス用のボディを塗装するのにポリカスプレーが必要だったの
です。タミヤのはありませんでしたが、東邦のがありました。
この手の物は出来るだけこのお店で買いたいのです。
おじいさんは今日は飛行機の脚を修理中でした。
先に必要な物を買って、その後店内を見せてもらう(当然、これが本来の
来店の目的)のか、先に店内を見まわしてから何か買ってお店を出るのかは
その時の状況次第。
でも、この手のお店に来店したらどんな小物でも良いから何か購入するのは
大人の嗜みというものですね。
兎に角、元気で永く続けていって欲しいです。
その後は釣り具屋へ。
RCのタイヤ同様、ルアーも消耗品です。
しかし、RCと違ってベストなギヤを使わなくてもそれ程結果に直結しないのが
釣りの良いところでしょうか?
いやいや、RCも心掛け次第ですね。
自分の出来る条件の中でコツコツ楽しめば良いのです。
来週はなんとかボディの製作を開始しなければ。

  by aykrc | 2017-02-12 21:00 | RC総合 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE