マスダンパーとパワーユニット

今日は2台で屋上。
まずは中古タイヤでマスダンパーのテスト。
春まではこれまでのタイヤを凌駕するグリップを見せたPラバーですが、
全然喰わなくなりました。
材質変更なのか、はたまた路面の方が変わったのか?
マスダンパーは31g×2
なんとなく滑らか。ストレートは特に効果を感じます。
しかし、ちょっとリヤヘビーか?
タイヤも今一つグリップしていないので一旦ピットへ。
タイヤをフレッシュに変えて31g×1に。
b0174260_21234886.jpg

効き過ぎなのかまだ微妙なアンダー。
思い切って17g×1に。
ギャップでは姿勢変化を押さえてくれて、アンダーは消えました。
これ位で重さは良いのかもしれません。ひとまずこれで。
続いてパワーユニット。
13.5Tはパワー的には余裕があって面白い。
走行後の温度は約50度。
EPA80%位に設定して、タイヤが減ったらプロポ側で~って使い方なら
この位のパワーが良いのかも。
次は実験的に8.5T 超ローギヤード。
走り難い・・・・・・しかし、加速力は最高。
単走だと速いだけでつまらないですが、台数が増えてくると追い越しは非常に楽。
これはこれで違った面白さが。
ここで止まっているマシンに気づかずに縁石にヒット。
横回転で停止・・・・・・だましだまし使っていたESCのケースが完全に粉砕。
通電しなくなってしまいました。
まあ仕方がありません。むしろ使い切った感があります。
予備は持ってきていないのでショップで購入。
b0174260_2134378.jpg

急いで配線。壊れたESCのコードを流用したので1時間ほどで復旧。
後は様子を見ながらNaotos氏とバトル。
お互い、タイヤが傷んできたのでペースは普通。
しかし、今日は11秒台のラップが多かった。
やっぱりもう少しパワーを落とすべきでしょうかね。
パック数もかなり稼ぎましたが、リヤタイヤが1セットで足りれば財布には優しいです。
その辺りも含めて速度を決めた方が良いかな。
今日は欠けるのが嫌でサイドウォールを瞬間接着剤で強化したのですが、
横方向にグリップしなくなって散々でした。
サイドスプリングを硬めにしたので高速コーナーは楽になりましたが、
動きが楽しくないのでここは元のレートに戻そうと思います。

来週は練習に行けないので2週間掛けて各部を見直そう。
[PR]

  by aykrc | 2013-07-21 21:45 | 練習 | Comments(0)

<< Tカー底上げ 2日目~で、完成 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE